チャービル(セルフィーユ)の花

チャービル セルフィーユ
チャービル(セルフィーユ)とは

チャービルは、セリ科のシャク属に属する一年草で、パセリに似た見た目をしています。フレンチパセリやガーデンチャービルとも呼ばれます。マイルドでやや甘い風味があり、料理の風味付けに用いられます。特にフランス料理ではよく使用され、オムレツやスープ、魚料理、ソース、サラダなどにも使われます。

また、フランス語ではセルフィーユ (cerfeuil)、和名ではウイキョウゼリとも呼ばれます。チャービルには、ビタミンCや鉄分、食物繊維などが含まれており、栄養価も高いハーブの一つです。

なお、チャービルは生の状態でも使われますが、料理に加えるタイミングは比較的遅めにすると、風味が引き立ちます。加熱しすぎると風味が失われるため、料理の仕上げに加えるなど、加熱時間を短くするのがポイントです。

チャービルに花が咲いたけど食べられる?

チャービル セルフィーユ

チャービルには小さな白い花が咲きますが、一般的にはその花は食べられないようです。チャービルの食用部位は主に葉であり、風味付けに使われます。葉以外の部位、特に種子や花は、摂取によって健康への影響がある可能性があるため、食べる前に注意が必要です。また、花自体も農薬や汚染物質の影響を受ける可能性があるため、安全性が確認されたもの以外は食べないように。

チャービルはどんな料理に使える?

チャービル パスタ

チャービルは、マイルドでやや甘い風味が特徴のハーブで、フランス料理によく使われることが多いです。以下に、チャービルの料理法の例をいくつか紹介します。

  1. オムレツにのせる チャービルは、卵料理に合うハーブの一つです。オムレツの具材として、チャービルを細かく刻んで加えると、マイルドな風味がプラスされ、おいしさがアップします。
  2. スープに入れる スープにチャービルを加えると、風味がより深みを増し、香り高い仕上がりになります。スープが完成直前に加えるのがおすすめです。
  3. 魚料理に使う チャービルは、魚料理のソースやマリネ液に使われることがあります。特に白身魚のフィレにチャービルをまぶして焼いたり、ソースに加えたりすると、風味がより引き立ちます。
  4. サラダに加える チャービルをサラダに加えると、爽やかな風味が加わり、彩りも美しくなります。サラダドレッシングにも使われることがあります。

以上のように、チャービルはさまざまな料理に使われることができます。加えるタイミングによっても風味が変化するため、ぜひ試してみてください。

関連記事

  1. ブロッコリー たまご マヨネーズ

    ミニブロッコリーとゆでたまご和え

  2. 夏野菜

    7月に種まきのできる野菜と収獲日数

  3. プランター みょうが ミョウガ 袋栽培 自家菜園 家庭菜園 液体肥料 比較 初心者 野菜 果実 植え方 種 苗

    家庭菜園でミョウガ栽培が人気みたい

  4. 5月に種まきのできる野菜と収獲日数

  5. ミニ大根 レシピ 料理 家庭菜園 自家菜園

    ミニ大根の味噌ディップ

  6. うどんこ病 スナップエンドウ豆

    スナップエンドウ豆にうどんこ病?

PAGE TOP