イチゴの葉が茶色く枯れました

イチゴ 葉が枯れる

イチゴの葉が茶色く枯れました

ホームセンターで買った「よつぼし」の苗が3つ。
1つだけ、枯れが目立ちます。なぜでしょう?
原因と対策を調べてみました。

イチゴ 葉が枯れる

イチゴの葉が茶色く枯れてきたのはなぜ?
原因と考えられること(ネット調べ)
  1. 根の問題: イチゴの根が十分に発達していないか、根に病気や害虫がいる場合、根から水分や栄養素を吸収できず、葉が茶色く枯れてしまいます。
  2. 乾燥: イチゴは乾燥に弱い植物であり、土壌が乾燥している場合、葉が茶色くなることがあります。水やりをしっかり行い、土壌が乾かないように注意しましょう。
  3. 病気や害虫: イチゴは病気や害虫によって葉が枯れてしまうことがあります。例えば、灰色かび病や赤星病などの病気、ハダニやアブラムシなどの害虫が葉に影響を与えます。葉の状態を確認し、必要に応じて対処しましょう。
  4. 土壌の問題: 土壌のpHが適切でなかったり、栄養素が不足している場合、葉が茶色くなることがあります。土壌を調べ、必要な栄養素を補給することが必要です。
根の問題の場合、どのような改善が必要か?
原因と考えられること(ネット調べ)

イチゴ 葉が枯れる

イチゴの葉が茶色く枯れる原因が根の問題である場合、以下のような改善策を行うことができます。

  1. 適切な水やり: イチゴは水を好む植物であり、根が乾燥しないように適切な水やりを行いましょう。水やりの頻度や量は、気温や湿度、土壌の状態に応じて調整する必要があります。
  2. 適切な肥料の与え方: イチゴには窒素、リン、カリウムなどの栄養素が必要です。根が弱っている場合は、適切な肥料を与えることで根を強化し、葉の健康を改善することができます。
  3. 病害虫の防除: イチゴの根に害虫や病気がいる場合は、根を守るための防除を行う必要があります。適切な農薬や肥料の使用、適切な栽培管理を行い、病害虫の被害を最小限に抑えましょう。
  4. 適切な植え付け方法: イチゴは浅根性の植物であり、根が浅く張るため、適切な植え付け方法を行うことが重要です。根を傷つけないように、適切な深さに植え付け、十分なスペースを確保しましょう。
乾燥の問題の場合、どのような改善が必要か?
原因と考えられること(ネット調べ)

イチゴの葉が茶色く枯れる原因が乾燥である場合、以下のような改善策を行うことができます。

  1. 適切な水やり: イチゴは水を好む植物であり、葉が枯れないように適切な水やりを行いましょう。水やりの頻度や量は、気温や湿度、土壌の状態に応じて調整する必要があります。土壌が乾燥している場合は、十分な量の水を与え、土壌が乾くのを防ぎます。
  2. 適切な湿度の維持: イチゴは湿度が高い環境を好む植物であり、葉が乾燥しないように適切な湿度を維持することが重要です。湿度を上げるために、水を散布する、周りに湿った材料を置くなどの方法を試してみましょう。
  3. 土壌の保水力の向上: 土壌が乾燥しないようにするために、土壌の保水力を向上することが必要です。有機物を加えることで土壌を改善し、保水力を高めることができます。
  4. 日陰に移動: 太陽の強い時間帯に直射日光を避け、イチゴを日陰に移動することも効果的です。直射日光にさらされると、イチゴの葉は乾燥して茶色くなってしまうことがあります。
病気や害虫の問題の場合、どのような改善が必要か?
原因と考えられること(ネット調べ)

イチゴの葉が茶色く枯れる原因が病気や害虫である場合、以下のような改善策を行うことができます。

  1. 病気や害虫の対処: 病気や害虫が原因である場合は、適切な対処法を行うことが重要です。病気の場合は、病原体に適切な農薬を使用し、害虫の場合は、適切な駆除方法を行います。
  2. 植物の強化: 植物を強化することで、病気や害虫に対する耐性を高めることができます。たとえば、適切な肥料を与え、十分な栄養素を補給しましょう。また、イチゴの葉を強くするために、十分な日光を当て、風通しの良い環境を作ることも重要です。
  3. 植物の栽培環境の改善: イチゴの葉が茶色くなる原因が病気や害虫である場合は、植物の栽培環境を改善することも考えてみましょう。たとえば、土壌を改良し、排水性を改善することで、病気や害虫の発生を防ぐことができます。また、密集した状態で栽培している場合は、間隔を広げることで、風通しを良くし、病気や害虫の発生を防止することができます。
土壌の問題の場合、どのような改善が必要か?
原因と考えられること(ネット調べ)

イチゴの葉が茶色くなる原因が土壌の問題である場合、以下のような改善策を行うことができます。

  1. 酸性度の調整: イチゴは酸性土壌を好むため、土壌の酸性度を調整することが重要です。pHが5.5〜6.5の範囲であることが理想的です。酸性度が高い場合は、石灰やマグネシウムを添加することで、酸性度を調整することができます。
  2. 栄養素の補給: イチゴは栄養素をたくさん必要とするため、肥料を適切に施すことが重要です。特に窒素、リン、カリウムが不足している場合は、それぞれ適切な肥料を与えましょう。
  3. 土壌の改良: 土壌の排水性や保水力を改善することで、イチゴの根の状態を改善することができます。例えば、腐葉土、堆肥、赤玉土などの有機物を添加することで、土壌の保水力を高めることができます。また、砂を混ぜたり、排水性の良い場所に移植することで、土壌の排水性を改善することもできます。
  4. 休閑期を設ける: イチゴは同じ場所での連作に弱く、土壌に病気を引き起こす可能性があります。そのため、イチゴの栽培には休閑期を設け、数年に一度は畑を休ませることが重要です。

以上のように、イチゴの葉が茶色くなる原因が土壌の問題である場合は、土壌の酸性度、栄養素、排水性、保水力などを改善することが重要です。また、休閑期を設けることで、病気の発生を予防することができます。

イチゴの葉枯れを調べてみましたが、3つのうち、1つだけということで、結局何が原因か特定できませんでした💦

関連記事

  1. 家庭菜園のブロッコリーが虫に食べられてしまった!原因と対策方…

  2. イチゴ いちご 苺 初収獲

    とちおとめを初収獲!!

  3. イチゴの形が悪い 人工授粉

    家庭菜園で育てたイチゴの形が不揃いになる

  4. スナップエンドウ 収穫 袋栽培 自家菜園 家庭菜園 液体肥料 比較 初心者 野菜 果実 植え方 種 苗

    スナップエンドウの水やりは控えめに???

  5. 苺 いちご イチゴ 葉枯れ 形悪い 授粉

    苺づくりが上手くいかない

  6. いちごの種類

    イチゴの種類を知る

PAGE TOP