7月に種まきのできる野菜と収獲日数

夏野菜

7月に種まきのできる野菜と収獲日数

トウモロコシ【野菜名】トウモロコシ
【収獲までの日数】種まきして約70~80日で収獲できます。

トウモロコシは暑さに強く、十分な水分を与えることが大切です。種子は深さ2cm程度の穴にまき、株間を30cm程度に保ちます。種子をまく前に、土をよく耕して肥料を与えるとよいでしょう。トウモロコシは高温多湿の気候を好むため、水やりや土の管理に注意しましょう。

インゲン豆【野菜名】インゲン豆
【収獲までの日数】種まきして約60~80日で収獲できます。

インゲン豆は暑さに強く、湿度が高いとよく育ちます。種子は深さ3cm程度の穴にまき、株間を20~30cm程度に保ちます。支柱を立て、インゲン豆がつくようにします。水やりは土が乾いたら行い、収穫前に施肥することで、美味しいインゲン豆が収穫できます。

ズッキーニ【野菜名】ズッキーニ
【収獲までの日数】種まきして約50~60日で収獲できます。

ズッキーニは暑さに弱く、風通しの良い場所を選ぶとよく育ちます。種子は深さ2cm程度の穴にまき、株間を50cm程度に保ちます。支柱を立て、ズッキーニがつくようにします。水やりは土が乾いたら行い、肥料を与えることで、収穫量が増えます。
ナスは暑さに強い野菜です。種子は深さ2cm程度の穴にまき、株間を50cm程度に保ちます。また、支柱を立てて、ナスがつくようにします。水やりはこまめに行い、肥料を与えることで、より美味しく、豊かな収穫が期待できます。

オクラ【野菜名】オクラ
【収獲までの日数】種まきしてから、おおよそ50~60日後に収穫できます。

オクラは、十分な日照と水が必要です。種を直径1cm程度の穴にまき、土の表面を軽く押さえてから水やりをします。発芽後には、株間を30cm程度に保ち、収穫時期には3日に1回の頻度で摘芯をすることで、より大きく育てることができます。

小松菜【野菜名】小松菜
【収獲までの日数】種まきしてから、おおよそ30~50日後に収穫できます。

菜は、水分を好む野菜です。種を深さ1cm程度の穴にまき、株間を10cm程度に保ちます。発芽後は、日当たりのよい場所に移し、肥料を与えて育てます。収穫前には、茎を切り落としておくと、より美味しい小松菜を収穫することができます。

ブロッコリー【野菜名】ブロッコリー
【収獲までの日数】種まきしてから、おおよそ70~100日後に収穫できます。

ブロッコリーは、栄養価が高く、美味しい野菜です。種を深さ1cm程度の穴にまき、発芽後は、株間を50cm程度に保ちます。肥料を与えて、十分な日照と水を与えながら、育てます。収穫前には、茎を切り落としておくと、より美味しいブロッコリーを収穫することができます。

関連記事

  1. プランター みょうが ミョウガ 袋栽培 自家菜園 家庭菜園 液体肥料 比較 初心者 野菜 果実 植え方 種 苗

    家庭菜園でミョウガ栽培が人気みたい

  2. イタリアンパセリ

    イタリアンパセリに花が咲きました

  3. とうがらし

    3つの液体肥料を比較 -「ジャンボとうがらし」成長記録-

  4. チャービル セルフィーユ

    チャービル(セルフィーユ)の花

  5. イチゴの形が悪い 人工授粉

    家庭菜園で育てたイチゴの形が不揃いになる

  6. ハイポネックス 花工場 リキダス

    市販の液体肥料を比較

PAGE TOP