液体肥料で成長の違いはあるか?-3つの液体肥料を比較

液体肥料を比較

液体肥料を比較してみる

液体肥料とは
液体肥料とは(ネット調べ)
  1. 窒素肥料:野菜の成長に必要な栄養素のうち、窒素は最も必要不可欠なものの1つです。窒素肥料は、植物が窒素を吸収できるように、土壌中の窒素の量を増やすことができます。代表的な窒素肥料としては、尿素、硝酸アンモニウム、硝酸カルシウムなどがあります。
  2. リン酸肥料:リン酸は、植物の生長に必要な栄養素の1つであり、種子の発芽や根の成長に不可欠な成分です。リン酸肥料は、土壌中のリン酸の量を増やすことができます。代表的なリン酸肥料としては、スーパーリン酸やトリプルスーパーリン酸などがあります。
  3. カリ肥料:カリは、植物がストレスに対抗するために必要な栄養素であり、野菜の品質を改善するためにも重要な成分です。カリ肥料は、土壌中のカリの量を増やすことができます。代表的なカリ肥料としては、クロライドカリウムや硫酸カリウムなどがあります。

以上のように、野菜の栽培に使う液体肥料には、窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料などがあります。ただし、野菜の種類や栽培方法によって必要な栄養素が異なるため、適切な液体肥料の種類と使用方法を選ぶことが重要のようです。

3つの液体肥料で野菜たちの成長を比較してみる
袋栽培の「トマト(ぷちプヨ)」を比較してみる

液体肥料を比較

袋栽培の「ししとう」を比較してみる

袋栽培のトマト(ぷちプヨ)を比較してみる

そして今回、比較に加えたもうひとつのは、 液体肥料を1つに決めず、 「花工場」「やさい肥料」「ハイポネックス」を順番に使っていくものです。
「ししとう」の比較は、計4種類の比較となります。

比較する液体肥料3種類
住友化学園芸 肥料 花工場原液

「住友化学園芸 肥料 花工場原液」は、植物の健やかな生育に必要な栄養素をバランス良く配合しており、速やかな効果がある点が特徴です。3種の窒素成分を配合しており、硝酸態窒素はそのまま速やかに吸収され、アンモニア性窒素は一部がそのまま吸収され、残りは土の中で硝酸性窒素に変化してから吸収されます。また、尿素は土中の微生物によって徐々に分解されて吸収されます。チッ素・リン酸・カリの他、各種微量要素とビタミンもプラスされており、どんな植物にも手軽に使えます。根が弱っているときや生育不良時の元気回復に使える他、葉面散布にも適しています。使用方法に従って250~1000倍に水で薄めて植物に散布します。成分と配合量は改良され、グッドバランスに設計されているため、花着きや葉色が良くなり、元気に育つ効果が期待できます。また、水溶性の苦土、マンガン、ホウ素を含んでおり、ビタミンB類も入っています。

メネデール野菜肥料

「メネデール野菜肥料」は、野菜専用の液体肥料であり、トマト、ナス、キュウリ、ゴーヤなどの果菜類を含む、野菜やハーブの育成に最適です。この肥料は、チッソ、リン酸、カリの三要素に加え、鉄をはじめとする各種微量要素をバランスよく配合しています。また、野菜の健やかな成長に欠かせないマグネシウムとカルシウムを強化しており、おいしい野菜づくりに役立ちます。使用する際は、本品を薄めて使用することを推奨します。成分には、窒素全量のうちアンモニア性窒素1.8%、硝酸性窒素1%、水溶性りん酸6%、水溶性カリ6%、水溶性苦土1%、水溶性マンガン0.05%、水溶性ほう素0.1%が含まれています。

ハイポネックス原液

「ハイポネックス原液」は、液体肥料の一種であり、15種類の栄養素をバランス良く配合しています。チッソ、カルシウム、微量要素を強化し、花や野菜などの植物の花や実つき、花色・葉色を良くします。使用方法は、水に薄めて7日から10日に1回与えることで、速効性があり、短い期間で効果が現れます。花付きや実付きを良くし、植物を健全に育てることができます。使用する際は、鉢植えには鉢底から流れ出る程度、花壇・菜園には2〜3L/m2が目安であり、植えつけ、植えかえ時は2〜3週間後から与えることをお勧めします。

ジャンボとうがらしの液体肥料比較 -成長記録-

ミニトマト「プチぷよ」しの液体肥料比較 -成長記録-

 

関連記事

  1. 枝豆 丹波

    枝豆栽培

  2. 種 苗 袋栽培 自家菜園 家庭菜園 液体肥料 比較 初心者 食育 子ども 野菜 果実 植え方 種 苗

    有機肥料の基本、牛糞・鶏糞・油かすとは?

  3. 袋栽培 自家菜園 家庭菜園 液体肥料 比較 初心者 野菜 果実 植え方 種 苗

    季節別&野菜別、種まきの時期

  4. 枝豆 丹波

    枝豆栽培のポイントを調べてみた

  5. ブロッコリー たまご マヨネーズ

    ミニブロッコリーとゆでたまご和え

  6. トマト

    種まきから収穫まで早い野菜

PAGE TOP